2019年5月アーカイブ

点訳データダウンロード zip

鈴木麻純著 KADOKAWA 2018年7月

新宿区役所職員となった新社会人の宮古新。配属された先は、悪魔や天使、妖怪といったオカルト的事象を解決している「夜間地域交流課」だった。


角川ホラー文庫

点訳データダウンロード zip

タマール・アルスラニアン 写真:アンドルー・マッティラ 翻訳:金井真弓 オークラ出版 2017年12月

ニューヨークのさまざまな店の人気看板猫に出会える写真集。従業員や常連客たちから溺愛されている猫たちが見せる愛らしい表情とともに、感動や笑いのあるエピソードを紹介。


点訳データダウンロード zip

青山文平著 文藝春秋 2018年6月

去った女、逝った妻...。美しい女たちの面影はいまなお男を惑わせる。男と女の性と業。全6篇を収めた武家小説集。


文春文庫

点訳データダウンロード zip

 2018年12月

豊かで平和な生活が当たり前のようになっている私たち。しかしそれは戦後の困難な時代を苦労して今の社会を築き上げた人達がいたから。


点訳データダウンロード zip

高林孝光著 マキノ出版 2018年6月

肝臓に適度な刺激を与えることで、血流がよくなり免疫力がアップする健康法を解説。温かい血液を保温す る効果があるツボの押し方も紹介。


ビタミン文庫

点訳データダウンロード zip

立川談志著 梧桐書院 2010年4月

談志が直した落語・作った落語、"演らない落語"を解説するほか、近年高座にかけた6本を収載。ネタ決めや、稽古の方法など、談志落語の舞台裏も公開する。


点訳データダウンロード zip

清涼院流水著 WAVE出版 2018年1月

大村純忠はなぜ一度たりともぶれることなく己の信念と信仰を貫いたのか。戦国武将純忠の波乱万丈の生涯を描く。


すみただ

百人一首    全3巻

|

点訳データダウンロード zip

野ばら社編集部編 野ばら社 1988年1月

暗記用きまり字一覧付


終わった人 全6巻

|

点訳データダウンロード zip

内館牧子著 講談社 2018年3月

大手銀行の出世コースから子会社に出向、転籍、そのまま定年を迎えた田代。仕事一筋だった彼は途方に暮れた。生き甲斐を求め、居場所を探して、惑い、あがき続ける男に再生の時は訪れるのか?


点訳データダウンロード zip

上念司著 飛鳥新社 2018年10月

毎年30兆円の経済利権。日本経済の弱体化で喜ぶのはいったい誰なのか? マスコミが絶対に触れない既得権の闇を白日に晒し、その巨悪の消滅を願って、戦いを挑む。


点訳データダウンロード zip

 2018年12月

グラフィックファイルあり。設計課題「健康づくりのためのスポーツ施設」


点訳データダウンロード zip

籔内佐斗司著 KADOKAWA 2015年7月

自然環境や天災、ときに人の手によって仏像が壊されるとき、修復家は信仰と保存の間で何を選択し、仏の姿をよみがえらせてきたのか。


点訳データダウンロード zip

モンゴメリ著、村岡花子訳 ポプラ社 2008年3月

アンの娘・17歳のリラが、戦争を通し、アンとはまったく違った青春の中で成長していく姿を描く。


点訳データダウンロード zip

伊藤隆二著 福村出版 1995年9月


卵の緒  全3巻

|

点訳データダウンロード zip

瀬尾まいこ著 新潮社 2007年7月

掴みどころはないけどとても確かなもの。親子も家族もそんな絆でつながっている。


日本国紀  全9巻

|

点訳データダウンロード zip

百田尚樹著 幻冬舎 2018年11月

神話とともに誕生し万世一系の天皇を中心に独自の発展を遂げてきた日本。2000年以上にわたる国民の歴史と激動にみちた国家の変遷を多くの史書を参考に記した叙事詩。


点訳データダウンロード zip

作:ヨシタケシンスケ/そうだん:伊藤亜紗 アリス館 2018年7月

宇宙飛行士のぼくが降り立ったのは、目が3つあるひとの星。普通にしているだけなのに、「後ろが見えないなんてかわいそう」なんて言われて変な感じ...。ヨシタケシンスケが伊藤亜紗に相談しながらつくった、違いを考える絵本。


点訳データダウンロード zip

中野久夫著 中経出版 2011年6月

グラフィックあり。 発音、基本単語、基礎文法、旅行会話、動詞の「5つのステップ」で、フランス語の基礎が一足飛びに習得できる入門書


点訳データダウンロード zip

黒川伊保子著 新潮社 2018年1月

ヒトの脳の一生は、面白いほど7年ごとに段階を経ていく


点訳データダウンロード zip

立原えりか作 北田卓史絵 旺文社 1982年7月

ダイスケが当てた大あたりアイスクリームの賞品は、アイスクリームの国への招待状だった。


深夜の自画像   全4巻

|

点訳データダウンロード zip

五木寛之著 創樹社 1974年4月

著者が33歳から42歳の間に"書き散らした""雑文"約40編を収録


このアーカイブについて

このページには、2019年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年12月です。

次のアーカイブは2019年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1